自動車労組、ベア6000円要求=交渉スタート、上積み幅が焦点―春闘

春闘のリード役となる自動車大手の労働組合が18日、経営側に要求書を提出した。トヨタ自動車などの労組は、基本給を底上げするベースアップ(ベア)に当たる賃金改善分について、月6000円で足並みをそろえた。各労組が2年連続でベアを要求。3月18日の集中回答日に向けて労使交渉がスタートした。
 自動車大手は、円安の恩恵で輸出や海外事業の採算が改善し、2015年3月期連結業績は最高益が相次ぐ見通し。安倍政権が「経済の好循環」に向けた賃上げを促す中、自動車大手の経営者からは既にベアを容認する声も出ており、昨年実績からどれだけ上積みするかが焦点となる。

時事通信 2月18日(水)12時22分配信

WBS株式会社英語サイト

WBS株式会社中国語サイト