中国から介護人材受け入れ 横浜市、3省市などと覚書

中国から介護人材受け入れ 横浜市、3省市などと覚書

8/31(土) 7:55配信

産経新聞

 横浜市は、中国の3省市・5学校と介護分野に関する覚書を結んだと発表した。介護福祉士を目指す留学生らを横浜市内の介護施設で受け入れ、市などは住居の確保や学費を支援するなどして、介護人材の確保につなげたい考えだ。

市は8月中旬、中国の山東省、臨沂(りんぎ)市、瀋陽市のほか、現地の看護系大学など5校と覚書を締結した。各省市は人材を横浜市に送り出し、市は市内の特別養護老人ホームなどで受け入れる。今年度中に学生6人をインターンシップ生として受け入れ、約9カ月間、施設で働いてもらう予定。

市は今後、市内の介護施設で就労を希望する5校の学生や卒業生を対象に、介護用語や技術、知識などを訪日前に教える研修を実施し、新在留資格「特定技能」などでの受け入れに向けて支援を進める方針。

最終更新:8/31(土) 7:55
産経新聞

WBS株式会社英語サイト

WBS株式会社中国語サイト