派遣法改正 与党が事実上断念

与党は12日、今国会の焦点となっていた労働者派遣法改正案の成立を事実上断念した。同改正案を審議している衆院厚生労働委員会の理事会で、週内の審議を見送る考えを野党側に伝えた。安倍晋三首相は来週にも衆院を解散する公算が大きく、同改正案が審議未了・廃案となる可能性が高まったことを受け、野党の反対を押し切って審議を強行するのは得策ではないと判断した。 (時事通信)

WBS株式会社英語サイト

WBS株式会社中国語サイト