インドネシアの実習生候補の面接

インドネシアのスラバヤで技能実習生の候補者(介護)の面接に参加してきました。看護学校を卒業して経験を積み、日本語の勉強をしながら実習生としての準備を進めています。日本のお年寄りの役に立ちたい!というつよい意欲が感じられました。介護の人手不足は深刻な問題で、施設の経営者にとって優良な人材確保は急務です。

関連記事

  1. 食べごろです

  2. 求人ジャーナルに募集広告

  3. 求人広告第二弾!

  4. 新ユニフォームに衣替えです

  5. 派遣事業、職業紹介事業の免許更新

  6. 新しいユニフォーム

WBS株式会社英語サイト

WBS株式会社中国語サイト